新.財務諸表7 損益計算書が表すもの

これまでは、財務諸表のB/Sを見て来ましたが、今回からP/Lに移ります。

B/Sが「企業の財政状況を表す」のに対して、

P/Lは「1年間の営業成績を表す」といわれます。

企業が1年をかけて「どれだけ儲けたのか」また「どのように儲けたのか」を

P/Lは表します。

そんなP/L、損益計算書をこれから見ていきます。

 

 

1 損益計算書の概要

(1)「1年間の純利益」を表す

1.P/Lは1年間の事業活動純利益を表す

事業活動の純利益とは、収益から費用を引き、さらにそこから税金等を引いたものです。

これがB/Sの繰越利益剰余金へ回り、P/LとB/Sがつながっているわけです。

2.収益とは

収益とはそのほとんどは売上高ですが、正確にいえば営業外収益との合計です。

これが事業の「資金源泉」となり、やがて資金調達(総資本)へ回り、

資金運用(総資産)するわけです。

この収益という言葉は、一般的には利益や業績という意味でも使われますが、

会計では主に「売上高」という意味で使われます。

3.費用とは

費用とは、売上原価と販売費及び一般管理費、それに営業外費用の合計であり、

収益を得るためのコストと言い換えられます。

これは事業の「資金使途」となり、その資金が社外へ流出します。

4.純利益とは

純利益とは「当期純利益」のことであり、純資産に繰越される「自己資金の源泉」です。

 

P/Lは資金的には資金の源泉と資金の使途を表しており、

その残高が純資産に繰越される!

 

(2)損益計算書の原則

P/Lを作成するにあたって、次の「3つの原則」が重要です。

きちんとしたP/Lを作成するためにも、理解しておきたいものです。

1.発生主義の原則

 発生主義の原則とは、現金の入金・出金時に計上するのではなく、

 取引が生じた時点で計上するという意味です。

 また、発生した期間に計上するという意味でもあります。

 特に、決算前後に発生した取引に関しては、帰属する期間を正しく判断して

 処理しなくてはなりません。

2.総額主義の原則

 総額主義の原則とは、収益と費用を直接相殺して、その差額だけを計上していけない

 という意味です。

 収益と費用を相殺して計上しますと、利益がどんな収益と費用から生み出されたのか

 わからなくなってしまいます。

 会計は”記録”でもあります。つぶさに一つ一つ計上することが大切です。

 その意味では、雑費という科目を使用するや合計仕訳もあまり感心できません。

3.費用収益対応の原則

 費用収益対応の原則とは、当期の収益に対する費用はすべて当期に計上するという

 意味です。

 決算修正と称して、棚卸資産を税務調整のために使う事例などがありますが、

 そのようなことをすると、当期の純利益が歪められますので、「記録」という側面からも

 好ましくはありせん。

 

正しい経営成績を表すためにも

発生主義・総額主義・費用収益対応の原則を守りましょう!

 

(3)損益計算書の基本フレーム

損益計算書には「3つのフレーム」から構成されています。

1.営業損益計算

 企業は製品や商品・サービスなどを、商品や材料などを仕入したうえで

 製造経費や経費などをかけて販売します。

 いわゆるP/Lの中心ですが、そこまでの部分を示したのが「営業損益計算」であり、

 その最後は「営業利益」で締められています。

2.経常損益計算

 営業利益から企業は、営業活動そのものではない借入金利を支払ったり、

 預入利息を得たり、あるいは本業ではない収益を得たります。

 そこまでの部分が「経常損益計算」であり、その最後は「経常利益」で締められて

 います。

 なお、経常とは「通常の」「当たり前の」「正常な」などという意味です。

3.純損益計算

 この経常利益に加え、予期せぬ損失などが発生することもあります。

 これは経常活動と区別しないと、正常な収益力がわからなくなりますので、「特別損益」

 として扱います。

 そこまでの部分が「純損益計算」であり、その最後は「税引前当期純利益」で締められ、

 そして法人税等を差引して「当期純利益」で締められています。

 

P/Lフレームの節目は

売上高、総利益、営業利益、経常利益、そして純利益です!

 

 

 

以上、今回は「損益計算書が表すもの」と題し、P/Lの概要を説明しました。

次回は「知っておきたいPL知識」と題し、P/Lの深掘りをします。   


掲載日:2021年11月24日 |カテゴリー:会計処理, 会計識字率, 経営技術

本店:〒355-0062 東松山市西本宿1968-1
坂戸:〒350-0233 坂戸市南町35-20
0120-634-154
営業時間 8:30~17:30 定休日 土・日・祭日