会計で経営力を高めるシリーズ 未払金等

第8回会計で経営力を高めるシリーズ『未払金、未払費用』

 

1 未払金と未払費用の違い

 どちらの用語も「未払」で始まっていますが、どう違うのでしょうか。

 また、分けることにどのような意味があるのでしょうか。

 会計学的にはその違いについて、難解に詳しく説明されていますが、
 ここでは実務的な説明を行います。

 

(1)未払とは未だ代金を支払っていないもの

 まずひとつは、どちらも役務の提供を受けていながら、代金を支払っていない状況
 のことを指します。

 例えば・・ 事業用の車両を購入し、納車されているが、まだ代金は支払っていない。

       水道や電気・ガスを使い、その請求書は届いているが、まだ引落されて
       いない、あるいはまだ支払ってない。

 いろいろあります。

 

(2)いずれも負債の流動負債に表示される

 いずれも負債の科目であり、かつ流動負債に属して表示します。

 つまり未払の分は、他人から資金を調達している状態であり、
 かつ早々には支払わなければならない債務ということです。

 

(3)未払金と未払費用の区別

 未払金と未払費用との区別は、一過性のモノか、それとも継続性のモノかで判断します。

 ・一過性のモノの例

  車両など固定資産の購入、事務用品や消耗品の購入、ウェブサイトの制作費、
  役員からの借入、などは「未払金」です。

  ただし、支払が未確定(役員借入など)の場合や1年を超える場合(固定資産の購入
  など)には、固定負債に属する「長期未払金」に計上します。

 ・継続性のモノの例

  給料(月末締め翌15日支払など)、社会保険・労働保険料(当月分を翌月納付する
  ため)、借入利息(当月分を翌月に支払うため)、水道光熱料(当月分を翌月に支払う
  ため)、通信料(当月分を翌月に支払うため)、リース代(当月分を翌月に支払う

  場合)、広告宣伝料(当月分を翌月に支払う場合)、などは「未払費用」です。

 ただし、コピーなどのレンタルは「賃借料」として計上します。

 また、売上原価に関係するものは「買掛金」に計上します。

 

「未払金」か「未払費用」かは

一過性のモノか、継続性のモノか、で判断する

 

 

(4)未払金と未払費用に分けることにどのような意味があるのか

 税金のための会計(税務会計)や金融機関等に提出する決算書のための会計(財務会計)

 であれば、未払金と未払費用を区別しても利益や所得は同じですから意味はありません。

 しかし、

 会計で経営力を高めようとする会計(管理会計)をするのであれば、区別しなければ

 なりません。 何故なら、そうしないと「読み取れる情報」が少なくなるからです。

 

「未払金」と「未払費用」に分ける意味は

会計で経営力を高めるためにある!

 

 

2 未払金・未払費用の管理の仕方

   未払金  残高1,000,000円

   未払費用 残高2,000,000円

 これだけで何か掴めますか?

 もちろん、未払金が100万円あることはわかります。

 同じく、未払費用も50万円あることがわかります。  ただ、それだけです。

 未払金や未払費用の中に具体的に何がいくらあるのかとか、

 前年と比べてそれぞれが増えているのか減っているのかなどは全くわかりません。

 それで「経営をコントロールする」といっても土台、無理な話です。

 船舶で例えれば、こんな海図では安全な航海をすることはできません。

 

 そこで前回の「借入金」と同様、内訳管理をすることが、経営管理上、大切なのです。

 こんなイメージです。

 (イメージ例) 流動負債 未払金      1,000,000円  前年同月 300,000円

         〔内訳〕事務用消耗品費      200,000円   〃   200,000円

             備品・消耗品費    300,000円     〃   100,000円

             サイト制作費       500,000円   〃       0円

 

         流動負債 未払費用     1,750,000円  前年同月1,530,000円

         〔内訳〕給料        1,000,000円   〃   950,000円

             社会保険料      140,000円   〃   120,000円

             労働保険料        10,000円   〃    10,000円

             借入金支払利息      20,000円   〃    20,000円

             水道光熱料        40,000円   〃    30,000円

             通信料          30,000円   〃    20,000円

             リース代       130,000円   〃    100,000円

             広告宣伝料        90,000円   〃    30,000円

             地代家賃       250,000円   〃    220,000円

             ガソリン代        40,000円   〃    30,000円

 これであれば、何が具体的に増減しているのかわかりますので、コントロールすることが

 できます。

 

未払金・未払費用は「内訳管理」で経営力をアップさせる!

 

 

3 未払の状況を判断する 

(1)売上高と比較して判断する

 未払金・未払費用とも結局コストですので、コストパフォーマンス(コスパ)を上げる

 必要があります。

 つまり、売上高に対してどのくらいなのかということです。

    (未払金+未払費用)÷ 売上高 =未払金・未払費用対売上高比率

 基本的には「未払金・未払費用対売上高比率」は増加させないことが大事です。

 

(2)未払金は事前確認が必要

 未払費用は継続的に発生するという特徴があり、年ごとの金額変動は少ないと言えます。

 しかし、未払金は一過性の性質がありますから、年度によって大きく金額が変動すると

 考えられます。

 したがって、未払金を計上するような取引に関しては、事前に経営状況などを踏まえて

 「いま購入しなければならないのか?」と再確認する必要があります。

 

未払金を計上する取引は実行する前にいま一度確認してみる「必要か?」

 

 

 

このようなことを考えながら会計資料を見ていると、会計で会社を徐々に強くすることが

できます。

どうでしょうか? 会計は意外と楽しいもので、経営に役立つものだと思われませんか。

少しでもそのように思われてきたのなら、それだけ貴社の経営力が高まって来ていることを

示しています。

会計を楽しみながら、荒波に強い会社になるよう取り組みませんか!?


掲載日:2020年4月1日 |カテゴリー:会計識字率

本店:〒355-0062 東松山市西本宿1968-1
坂戸:〒350-0233 坂戸市南町35-20
0120-634-154
営業時間 8:30~17:30 定休日 土・日・祭日