働き方改革 インターバル制度と時間外割増

『働き方改革』の第3回目は

「勤務間インターバル制度の普及促進」と「中小企業の時間外割増率猶予措置の廃止」に

ついて考えていきましょう。

 

第3回『インターバル制度と時間外割増率アップ』

 

1 勤務間インターバル制度の普及促進

(1)概要

「勤務間インターバル制度」とは、勤務終了後と翌日の勤務開始の間には一定時間以上の

休息時間を設けなさいという制度です。

それによって、労働者の生活時間や睡眠時間を確保することを目的としています。

2018年6月29日に成立した「働き方改革関連法」に基づき「労働時間等設定改善法」も

改正され、前日の終業時刻から翌日の始業時刻の間に一定時間の休息を確保することが

事業主の努力義務として規定されています。

(2)解説

「努力義務」ですから、罰則規定はありません。また「勤務間インターバル」の時間も

特に決まっていません。

しかし、人材不足のおり、勤務間インターバル制度を導入することは、

一定の企業側メリットもあります。

例えばソフトバンクでは、早々に全社員を対象に、終業から次の日の始業までに10時間以上

空けることとしています。

この「勤務間インターバル制度」先進国であるヨーロッパでは古くから導入されており、

終業から次の始業までの間は11時間空けることになっているようです。

ドイツでは1938年に11時間と制定されています。

我が国の働き方も徐々に欧米化されて来ていますので、積極的に取り組む姿勢が必要だと

思われます。

なお、当制度は本年2019年4月から大企業・中小企業を問わず適用開始がされています。

 

2 中小企業の時間外割増率猶予措置の廃止

これは中小企業経営において、大変大きな影響を与えます。

2023年4月適用開始まで、まだ3年余りありますが、早急に対応する必要があります。

(1)概要

労働基準法では「法定割増賃金率」は、

月60時間以内の時間外労働には25%以上月60時間を超える時間外労働には50%以上

とすると定められていますが、中小企業に対しては、月60時間を超えても割増率は25%と

すると猶予が認められています。

しかし働き方改革関連法の成立によって、2023年4月からはこの猶予が廃止されます。

2023年4月以降からは、中小企業でも月60時間を超える時間外労働については

法定割増賃金率が50%以上となります。

(2)解説

これは中小企業とって非常に大きな経営課題であり、

いまから少なくとも月60時間を超える時間外労働はしないようにする必要があります。

具体的な対策として次のようなことが考えられます。

①まず現状の労働時間を把握する。

   →現状をしっかり捉えましょう

②業務の効率化を考える

   →RPA化や機械の導入あるいは作業の見直しなどによってもっと時間短縮する方法が

    ないか考えましょう

③勤怠システムを見直す

   →事前に60時間を超えないようにチェックできる勤怠システムに見直しましょう

④超過勤務時間を振替える方法を考える

   →例えば代替休暇の検討やフレックスタイム制導入による清算期間の延長など

    考えましょう

 

 

いかがでしょうか、

  『働き方改革』に対応するのは大変だと感じられたのではないのでしょうか?

いま、中小企業を取り巻く大変革はハッキリとは見えないかもしれませんが、足元深く

マグマのように渦巻いています。

それらに対処していくためには会計による経営管理をしっかりすることが基本条件だと

思います。そうは思われませんか?

 

 

 


掲載日:2019年12月18日 |カテゴリー:トピックス

本店:〒355-0062 東松山市西本宿1968-1
坂戸:〒350-0233 坂戸市南町35-20
0120-634-154
営業時間 8:30~17:30 定休日 土・日・祭日