消費税10% 軽減税率

『消費税10%』の第3回目は「軽減税率」です。

「軽減税率なんて知ってるよ!」という方も多いかと思いますが、知っているようで

意外と落とし穴があるのが今回の軽減税率です。

今回はそんな「軽減税率」についてわかりやすく解説します。

 

1 軽減税率の導入日と税率

軽減税率はこの10月1日から導入され、税率はこれまでと同じ8%に据え置かれます。

しかし、「8%」の内訳である消費税と地方消費税の割合が変更されますので、

これまでの8%とは別にこの軽減税率は集計しなければなりません

  消費税8%の  消費税率6.3%   地方消費税率1.7%   計8.0%

  軽減税率8%の 消費税率6.24%  地方消費税率1.76%  計8.0%

 

2 軽減税率の対象

対象は酒類と外食を除く飲食料品定期購読契約をした週2回以上発行される新聞です。

1.テイクアウトする飲食料品は軽減税率8%の対象です。

 イートインした飲食料品は外食に当たりますから、通常税率10%です。

2.食品の製造原料として販売した酒類は通常税率10%です。

3.日本酒を製造するために販売したお米は軽減税率8%の対象です。

4.医薬品や医薬部外品あるいは再生医療品は通常税率10%です。

5.栄養ドリンクは医薬品や医薬部外品であれば通常税率10%、

 それ以外であれば軽減税率8%の対象です。

6.税抜き価格が1万円以下で、食品の価額が全体の3分の2以上を占める一体資産

 全体が軽減税率8%の対象となります。

 それ以外は食品部分は軽減税率の対象、食品以外の部分は通常税率10%となります。

7.駅などで購入する新聞は同じ新聞であっても通常税率10%です。

生活者として軽減税率を理解しておくことも大切ですが、ビジネス上の理解も重要です。

その意味では、軽減税率は飲食業だけでなく、食品製造業などにも関係してきます。

さらに店頭での価格表示について検討しておくことも大事です。

 

3 一体資産とは

一体資産とは簡単にいえば、

お菓子類のパッケージやお菓子についているオマケなどのことをいいます。

販売価格が税抜きで1万円以下で、食の部分が全体価格の3分の2以上であれば、

食料品と見做して軽減税率が適用されます。

一部ではその販売価格が1万円までと比較的高額であることから、

解釈を歪めてビジネスチャンスにしようと考えているヒトもいるようです。

しかし、税法の解釈は素直にすべきです。 みなさん、どうお考えになりますか。

 

 

今回の消費税改正は、中小・小規模経営者におかれては「過去の消費税改正とは違う」

という認識を強く持つべきだと思います。

そうでないと4年後にはとんでもない状況になりかねません。 よく考えましょう。


掲載日:2019年7月31日 |カテゴリー:トピックス

本店:〒355-0062 東松山市西本宿1968-1
坂戸:〒350-0233 坂戸市南町35-20
0120-634-154
営業時間 8:30~17:30 定休日 土・日・祭日