Marketing Five Forces分析

Five Forces分析(ファイブフォース分析)

 

Five Forces分析とは、市場分析をする手法です。
新商品を出すにあたってや新規事業を始めるにあたって参入しやすい市場なのか、
それとも厳しい市場なのかを推測する手法です。
その分析を5つの側面からするのでファイブフォース(5つの力)分析と呼ばれています。

この手法は経営戦略を考えるにあっての実務的な考え方ですので、
経営者並びに経営幹部の方たちにはぜひ認識しておきたい手法です。
なお、競争戦略とも呼ばれている「基本戦略」で有名なポーター博士が提唱した手法でも
あります。

<市場に働いている5つの力>

5フォース

1 Five Forces(5つの力)とは

市場で働いている5つ力とは、
 1. 業界内の競争
 2. 
新規参入者の脅威
 3. 代替品の脅威
 4. 買い手(お客・得意先)の交渉力
 5. 売り手(仕入先)の交渉力     です。

もともと新規事業立ち上げ時の競合分析として考えられましたが、既存事業の分析ツールとしても活用できますので、その活用範囲は広いと考えられます。

 

2 市場に存在する5つの力

(1)業界内の競争

一般的には、同業者が多い業界、同規模の会社が多く存在している業界や成長が遅い業界、固定コスト又は在庫コストが高い業界、撤退障壁が高い業界などが業界内競争が激しくなると言われています。
代替品の脅威や競争相手の買収などにより、業界内競争の激しさが急変するので注意したいところです。
例えば、税理士の業界・・。いままでは資格と規制で守られてきましたが、昨今では経済の低成長化・成熟化によるパイの奪い合い、さらにはフィンテックやAIによるテクノロジーにより、劇的に生存が厳しくなると予想されています。

(2)新規参入者の脅威

新規参入者の脅威は「参入障壁の高さ」によって決まります。参入障壁が高いと新規参入はしにくいので、業界内の新しい競争は生じにくくなります。
逆に参入障壁が低ければ新しい競争が生じると予想されます。
例えば、東京都では2012年10月からフグ調理師がいない飲食店でもフグ料理は提供できるようになりました。その結果、競争は激化し、おかげで私たちにとっては手頃な価格でフグ料理を賞味できるようになったことは記憶に新しいところです。
その主な参入障壁には、規模の経済性や必要資本額、あるいは確立されたブランドに対する顧客のロイヤリティ、経験曲線効果、デファクトスタンダード、政府の規制、資格などが挙げられます。

(3)代替品の脅威

代替品の脅威は、自社とは異なる商品群でありながら自社商品と同等以上の価値を提供するものによってもたらされます。
例えば、欧米の砂糖メーカーは砂糖の代替製品である果糖分の多いコーンシロップが大量に販売されたことにより、甚大な影響を受けたと言われています。

(4)買い手の交渉力
買い手はとは消費者であり、お客さまです。買い手は同品質ならば低価格なものを、同価格なら高品質なものを購入したいと考えます。当然のことですね。したがって、価格と品質は買い手の購入量や情報量などによって変化します。
一般的に独占的なもの、希少的なものであれば買い手の交渉力は弱くなりますが、どこでも手に入るコモディティ品であればあるほど、買い手の交渉力が強くなります。
例えば、建売住宅や注文住宅であれば比較的購入者の価格交渉力は弱いですが、賃貸物件になると利用者の価格交渉力は強くなります。

(5)売り手の交渉力

売り手つまり仕入先は取引先に対して、できるだけ高い価格で供給したいと考えますので、売り手と取引先企業のあいだには必然的に力関係が発生し、業界構造に影響を与えます。
例えば、売り手側が少数の企業による独占状態であれば、売り手の交渉力は強くなります。逆に売り手側が多ければ弱くなります。

 

この5つの観点からあらためて自社の業界を見直してみますと、いままでと違った競合企業や、それに伴う対策・戦略が見えてきます。
ぜひ一度、5つの力分析をトライされればいかがでしょうか。

 

 

戦略を考えるにあたって重要なことは『思い込み』なるものを打ち破ることです。
私たちは思いのほか、思い込みに囚われて生活や仕事などをしています。
その結果が「いま」であることを忘れてはいけないと思います。
だから違う結果を得たいと思うのであれば『思い込み』を打ち破るしかありません。
T&Tマネジメントは『思い込み』を打ち破るお手伝いをします。


掲載日:2018年4月11日 |カテゴリー:マーケティング, 経営技術

本店:〒355-0062 東松山市西本宿1968-1
坂戸:〒350-0233 坂戸市南町35-20
0120-634-154
営業時間 8:30~17:30 定休日 土・日・祭日