会計のエッセンス(8)

第8回 「有利子負債」の読み方・見方

今回は「有利子負債」の読み方です。
有利子負債とは文字とおり「利子がある負債」、一般的には金融機関からの借入金です。

事業の流れを振り返ると、最初は事業資金を集め…つまり資金の調達、その資金で必要な
資産である在庫や設備などを購入し…つまり資金の運用、そして営業活動を行い、利益を
残し…つまり運用結果であり成果、それをまた資金に組み込み、運用し、営業するという
流れを繰り返していくものです。

この「資金の調達→資金の運用→運用結果・成果→資金の蓄積」という流れを、総資本・
総資産・損益という書式にまとめ、月次試算表または決算書という会計資料で経営の状況
を把握し、管理していくわけです。

ここで大事なことは、事業活動で利益を残せないと、企業は自己資本で次の資金運用をすることができなくなるということです。利益が出せないので有利子負債を原資に資金運用するしかなくなり、結果、赤字経営の上に返済と金利の負担に追われることとなり、徐々に経営状況は悪化して行くという悪循環に陥ることになります。
これが現代の多くの企業の実状です。

そこで、今回はその有利子負債についての読み方・見方をご紹介します。

 

1 有利子負債「短期借入金」と「長期借入金」の概要

有利子負債の代表は「短期借入金」と「長期借入金」です。
そのほかに手形を使っていたなら「割引手形」などもそうです。

「短期借入金」と「長期借入金」とでは、自ずとその利用目的は違います。
それが読み方・見方につながります。

(1)短期借入金

短期借入金は元来、賞与支払や日常資金などの運転金目的の短期間の借入です。
すぐ返済できる見込みの上で借りますので、金利は少々高くなりますが、借入期間が短いので実際に支払う利息はそう多くはならない筈の融資です。

したがって、カードローンなど短期目的の融資なのに、審査も甘いので安易に借りて長期間借りることになってしまうと、支払利息は想像以上に高額となってしまいますので、経営を圧迫します。

つまり、「返済目処が立たないのに短期借入金は借りるな」ということが金言です。

(2)長期借入金

一方、長期借入金は設備投資目的の借入ですので、金利は低くなりますが、返済期間が長いので実際に支払う利息合計は多くなります。したがって、投資効果を検討せずに借りてしまうと、経営に過大な負担を負うことになります。

つまり、「長期借入金を借りる際には返済も織り込んだ採算計画を立てよ」ということが
金言です。

(3)借入金の勘定科目

勘定科目は、流動負債として「短期借入金」「1年以内返済長期借入金」があり、固定負債として「長期借入金」があります。

短期借入金とは、1年以内に返済する銀行融資です。
長期借入金とは、1年を超えて返済する銀行融資です。
一年以内返済長期借入金とは、長期借入金のうち、1年間で返済する部分です。
したがって、長期借入金は1年以内長期借入金と長期借入金に分かれることになります

この区分は試算表で会社の経営状況を判断する際に重要な情報となりますので、正しく区分する必要があります

ちなみに、税理士(職員)の中には「どちらでもいいですよ」なんて、ものわかりの良さを感じさせる税理士(職員)もいるかもわかりませんが、それは見せかけです。
真の姿は、決算書・申告書のことだけを考えてる古い体質の税理士(職員)である証左ですので、気をつけましょう。

 

 2 短期借入金を借りた時点で経営的にはアウトの状況だと心得る

冒頭にもご紹介したように、商売とは、創業当初を別にすれば、売れたお金で商売を回していくことが鉄則です。またそうさせていくことが経営です。

短期借入金とは、企業経営の日常的な支払いに対する借入金ですから、本来は「売上高」を源泉とした資金で運用ができる経営をするべきで、短期借入金を起した時点で、経営的には黄色ランプが点滅していることを自覚せねばなりません。

短期借入を起こそうと考えた時点で、経営的にはもう問題があり、直ちに改善に向けた取り組みをしなければなりません。

現在の多くの中小・小規模企業において、「賞与資金が足りないから」とか、「納税資金が足りないから」など、さまざまな理由で運転資金目的で金融機関から融資を受けていることが当たり前のように思われているかもしれませんが、それは「とんでもないことだ」という意識を持つことが大切です。

 

 3 借入金の読み方・見方

以上のことを基本知識として、月次試算表から借入金に関する状況を読みましょう。

(1)借入金依存度を読む

借入れしないで事業が回るならばそれが理想的です。
しかし事業を営む以上、現実的には借入れをすることは普通とも言えます。

ただ、過剰な借入れは経営の健全性からも避けたいところです。
では、それはどう読めばわかるのでしょうか?

それは借入残高と平均月商を比べればわかります。

  借入金残高 ÷ 平均月商    =Xヵ月分  ☚借入金対月商倍率

  *借入金残高=短期借入金+1年以内返済長期借入金+長期借入金

もし、借入金対月商倍率が6ヵ月分以上あれば、明らかに借り過ぎです。
経営を圧迫している状態かと思いますので、リスケなどの打ち手を早急に考えなければなりません。できれば借入金は平均月商の3ヵ月分以内にコントロールしたいものです

 

(2)借入金返済期間を読む

現在の経営状況から借入金の返済期間を読みます。
この計算結果が実際の返済期間より長ければ、資金繰りは厳しいということことです。
それは次のように読みます。

  借入金残高 ÷(平均経常利益+減価償却費)=Y月数又は年数  ☚債務償還月数
                                又は債務償還年数

  *平均経常利益+減価償却費が月次平均金額であれば、算出される返済期間の単位は
   「月」となります。

   平均経常利益+減価償却費が年間金額であれば、算出される返済期間の単位は
   「年」となります。

この読み方には2つの前提があります。
ひとつは「売掛回収はすべてできる」という前提です。
もうひとつの前提は「事業で得た資金はすべて借入返済に回す」ということです。
ですから、計算結果は最短の返済期間です

この最短の返済期間でさえ実際の返済期間より長ければ「資金繰りは厳しい」と言わざるを
得ません。

現在の中小・小規模企業の3分の2が赤字経営だと言われていますので、如何に借入返済が大変か、想像できるかと思います。

 

(3)直近の返済状況を読む

3つめの読み方は、直近の返済状況を読む方法です。それは次のような読み方をします。

  手元資金 ÷ 1回当たりの返済額 =Z回分 ☚手元資金返済倍率

手元資金とは、現金+預金のことでしたね。
この手元資金と1回の返済額を比べれば、返済のための資金状況が推測できます。
少なくとも返済6カ月分ぐらいの手元資金は持っておきたいものです。

 

 

このように考えてみると、経営という形ない概念も、意外と科学的にコントロールできる
ものであることに気づかされます。 それがいわゆる「経営技術」です。

毎月の試算表を日々の経営に活かすことによって営業活動を「黒字経営」にし、資金繰りが楽になる「強い会社」つくりが可能となります。
そのためには社長ご自身が創意工夫をし、従業員を引張って行かれることが必要です。

景気が悪いとか、優秀な社員がいないとかなど、ときには愚痴をこぼすことがあっても、
経営者自身が変わることが、いま重要です。

 


掲載日:2018年1月10日 |カテゴリー:会計処理, 会計識字率, 経営技術

本店:〒355-0062 東松山市西本宿1968-1
坂戸:〒350-0233 坂戸市南町35-20
0120-634-154
営業時間 8:30~17:30 定休日 土・日・祭日