中小企業マーケティング 自社の強みの検証

第4回 自社の強みの検証(戦略キャンパス)

収益拡大するための戦略を「既存顧客市場の掘り下げ」と「既存顧客に対する新しい製品・

商品・サービスの提供」、「新しい顧客層の開拓」の3つの観点から考え(商品・市場成

長戦略)、それを実現するために「お客さんが望んでいると思われることで、同業者がまだ

提供していない、自社であれば提供できるモノ・価値」(バリュー・プロポジション)から

自社の強みを考えました。

今回は、その自社の強みを検証し、さらに強化する考え方を紹介します。

それが『戦略キャンパス』という考え方です。

この考え方は「ブルー・オーシャン戦略」と呼ばれ、成熟化した現代において、経営資源が

少ない中小・小規模企業にとっては重要なヒントを与えてくれます。

 

1 戦略キャンパスとは 

戦略キャンパスは、二つの軸から考えます。

考えた戦略の「魅力度」を縦軸にとり、横軸には考えた戦略の他社との差別化要素である

「競争要因」をとります。 すると、下図のような表組ができます。

戦略キャンパス概念図

この表上に自社で考えた戦略の「競争要因」を書き込み、顧客から見たその魅力度の評点と

同業者の評点をプロットします。

そのプロットした点を結びけると折れ線ができあがりますが、この折れ線が同業者と著しく

異なれば異なるほどその戦略の魅力度は高く、新たな市場を創造できる可能性が高いことを

示します。

 

2 戦略キャンパスの事例

少しわかりにくいかと思いますので、事例で考えてみましょう。

よくご存知のQBハウスを例に考えます。

QB戦略キャンパス                                             ランダムハウス講談社:「ブルー・オーシャン戦略」より

上図がQBハウスの『戦略キャンパス図』だと言われています。

これを見ると、QBハウスはただ安いだけではなく、不必要なものは思い切り取り去り、

必要な新しい価値要素である競争要因を付け加えて、同業者との激しい競争(レッド・オー

シャン)を避け、独自の競争領域(ブルー・オーシャン)で顧客が喜ぶ価値をつけて、

利益が出る仕組みにしていることがわかります。

さらに不必要なものを取り去ったことにより、店舗面積も小さく済み、設備投資も押さえ

られ、出店コストを抑えることにも成功しているようです。

 

 

戦略を考えるにあたり、理論にどおりに手順を踏むとかは、重要なことではありません。

大切なことは「業界慣習やこれまでの経験に囚われず、常に顧客の視点で、同業者がやって

いないことでもやってみる!」というマインドなのではないのでしょうか。

自己限定をせずに、一方、冷静に考えてみる、そんな姿勢が大事なのだと思います。

私たちは想像以上に思い込みの中で活動をしており、他人と違うことはなるべく避け、同じ

ような考え方の中で同じようなことをやり続け、挙句の果ては低価格化か、高コストをかけ

てコスト回収をできないか、という悪循環の中に自らいるだけなのではないのでしょうか。


掲載日:2017年6月14日 |カテゴリー:マーケティング, 経営技術

本店:〒355-0062 東松山市西本宿1968-1
坂戸:〒350-0233 坂戸市南町35-20
0120-634-154
営業時間 8:30~17:30 定休日 土・日・祭日