中小企業のマーケティング

モノを作れば売れる時代は四半世紀前に終わりました。

また、安くすれば売れる時代も終わりました。

これからは自信のあるモノを市場に提案して、適正な価格で売る時代です。

そのためには中小企業ほど『マーケティング』が重要な時代となっています。

そこで、今回からしばらく「中小企業のマーケティング」と題して、経営コラムを

続けたいと思います。 皆さまの参考になれば幸いです。

 

第1回 マーケティングとは

「マーケティング!? マーケティングなんて大企業が考えるものだろう?」と考えて

おられる中小企業経営者をよく見かけますが、それはとんでもない誤解! だと思います。

なぜならば人材も資金も少ない中小企業だからこそ、社長自らが経営に工夫を取り入れる

必要があり、その考え方こそが『マーケティング』だからです。

 

1 マーケティングとは

マーケティングとは、事業の市場に対する活動そのものの考え方です。

市場がない事業って、あるのでしょうか? ありませんね。

まして、超成熟社会となっている現代です。

業種・規模を問わず、すべての事業にはマーケティングは不可欠なものとなっています。

特に中小企業の場合は人材も資金も少ないわけですから、繰り返しになりますが、

経営者自らマーケティング思考を持って経営にあたる必要があります

 

2 市場に対する理解と認識

次に『市場』をいうものについて、改めて考えたいと思います。

市場とはどういうものでしょうか?

産業能率大学マーケティング研究室では次のように述べています。

 ①市場とは「競争の場」である

 ②市場とは「攻略の対象」である

 ③市場とは「変化する存在」である

 ④市場とは「自主選択の意思」を持っているものである

 ⑤市場とは「企業も選択できる」ものである

 ⑥市場とは「働きかけで変えられる」ものである

特に③⑤⑥は経営者として押さえておきたいところです。

 

3 マーケティングに対する考え方

では、『マーケティング』というものをどのように捉えればよいのでしょうか。

次のように言われています。

 ①需要は創ることができる

 ②価格以外の方法で購買意欲を喚起することを考える

 ③「作ったモノを売る」から「売れるモノを作る」という発想に転換する

 ④販売チャネルを考える

 ⑤主体性を維持する(「お客様は神様です」を誤解しない)

 ⑥経験や勘ではなく、論理的に市場を理解する

なかなか考えさせられると思いませんか?

需要創造、非価格競争、顧客志向、販売経路、主体性の維持、科学的論理性が

マーケティングの肝です

 

なんとなく、マーケティングの姿が見えたのではないのでしょうか?

次回から中小ビジネスにとって有益な具体的なマーケティング理論を紹介します。


掲載日:2017年5月10日 |カテゴリー:マーケティング, 経営技術

本店:〒355-0062 東松山市西本宿1968-1
坂戸:〒350-0233 坂戸市南町35-20
0120-634-154
営業時間 8:30~17:30 定休日 土・日・祭日