資産のチェック 取引先の資産

[お知らせ]
T&Tマネジメントとむさし税理士法人は、会計を税務面ばかりでなくもっと経営に活かせる指導をしてほしい・・、 そんなご要望に応えるために会計・税務に加えて経営助言をする努力をしています。
お問い合わせは0120-634-154(ムサシヘイコウヨ)又は『お問い合わせ等メール』まで!

 

 今回は観点を変え、「不良債権を掴まないための取引先資産チェック」をテーマに考えたいと思います。

 

黒字会社でも安心できない

資産と純資産の関係は『資産-負債=純資産(資本金+利益)』という式で表されるように「資産」から「負債」を差し引いた差額が「純資産」となります。
したがって、貸借対照表上で黒字企業にすることはその気さえなればカンタンできるのです(もちろん粉飾です)。
つまり、資産を膨らませれば、純資産に含まれる利益はドンドン増やせます。
ですから取引先の決算書を見て「黒字企業だから安心だ」とは言い切れないのです。
経営者には決算書を見抜く力が必要なのです

 

1 取引先の『現金残高』の見極め方

家計で考えてみればわかりますが、100万円も200万円もの大金を家に置いておきますか?たまたま、一時的に置いておくことはあるかもわかりませんが、落ち着いたなら金融機関に預けます。
そのことは企業も同じです。
決算書において100万円も200万円も現金残高がある場合はまず確認すべきことです。

決算書に現金が100万円も200万円もある取引先は、ずさんな会社か、虚偽を記載している会社か、そのいずれかである場合が多いと考えられます。
但し、年商規模の大きい会社や現金仕入れをしている会社あるいは物品を買取する会社など
であれば別です。

 

2 取引先の『売掛金残高』の見極め方

意外と多くの企業では、回収見込みのない売掛金を消し込んでいません。
なぜならそれらを消し込むとどうなりますか?同じ金額が純資産から減ることになります。
そうなると、欠損企業や債務超過企業になりかねません。
仮に1000万円の回収見込みない売掛金が入っていたなら、それだけ純資産が増えることになりますので、それを消し込めば、純資産は1000万円も減ることになります。
したがって得意先の決算書に表示されている売掛金は必ずチェックしなければなりません。

そこで確認方法は2つあります。

ひとつは売上高と比べて、確認することです。
多くの場合は翌月回収ですので、2カ月分以上の売掛金があれば、不良債権が含まれているのではないかと疑る必要があります。

もうひとつは科目内訳書を見せてもらうことです。
回収の動きがない得意先は不良債権という見方ができます。
また「その他得意先」の売掛金合計がやたら大きい科目内訳書も要注意です。
そんな大きな売掛金を「その他」として一括りしているなんて、不自然と思われませんか。

 

3 取引先の『棚卸資産残高』の見極め方

棚卸資産も売上高と比べて、確認します。
もし月商を超えるような在庫を持っている会社は、不良在庫を抱えている信用できない会社か、あるいはだらしない会社である場合のことが多いようです。

 

4 取引先の『貸付金残高』の見極め方

貸付金が多い会社は、公私混同がはなはだしい会社か、あるいは利益操作している会社かの可能性があります。
やはり、科目内訳書を提示してもらい、その内容を確認する必要があります。

 

5 取引先の『預り金残高』の見極め方

預り金は負債の科目ですが、通常何を処理している科目なのでしょうか?
通常は、従業員から預かった社会保険料や源泉所得税を一時的にプールする科目です。
したがって、毎月納付をしている場合であれば、1ヶ月分程度しかたまりません。
そこで預り金が多額にある会社は、従業員から天引きはしているが、納付していないことが考えられます。つまり、資金繰りが苦しい会社だということです。
また逆にあまりに少ない会社は社会保険に加入していないことが考えられ、やはり資金繰りが厳しい会社だと推測できます。
したがって、預り金残高も要チェックの科目です。

 

6 取引先の『借入金残高』の見極め方

借入金があること自体は問題があることではありません。企業としてごく普通のことです。
しかし問題はその額とその減り方です。

借入額は売上高と比べて判断します。
借入金残高が月商の6カ月分以内程度あれば、特に問題はないかと思われます。
しかし年商に迫る借入金あるいは超える借入金がるのであれば、資金繰り的に厳しいものがあると思われます。
したがって、取引約定を考える必要があります。

次に減り方です。
1年間でどの程度減っているのか確認し、本来の返済額は借入金残高から見て、それが妥当なのかどうなのか判断します。
また赤字経営の場合は返済原資がないということになりますから、取引することには大きな注意が必要ということになります。
さらに、営業外費用を見て、支払利息を確認することも重要です。

 

7 取引先の『減価償却費』の見極め方

固定費資産があるのに、減価償却費がない、という場合は要チェックです。
本来、固定資産があれば減価償却することが普通です。
それをしていないということは利益体質が良くなく、本来は赤字企業かもわかりません。
したがって、適正な減価償却費を計上しているかどうか、確認する必要があります。

 

このように貸借対照表を読みこなせると、取引先の経営状況が推測できるようになり、その結果、不良債権等を掴まなくて済むようになります。

 

 

重要なことは、モノサシはどれであってもよいわけですが、この先行き不透明で変化が早い、いまの時代は「そのようなモノサシでマネジメントしなければならない時代である」ということを経営者の皆さんが認識されることです。
現在は事業にしっかりマネジメントすることが求められている時代です。


掲載日:2016年4月13日 |カテゴリー:会計識字率, 経営技術

本店:〒355-0062 東松山市西本宿1968-1
坂戸:〒350-0233 坂戸市南町35-20
0120-634-154
営業時間 8:30~17:30 定休日 土・日・祭日