正統会計学 純資産

[お知らせ]
T&Tマネジメントとむさし税理士法人は、「会計を税務ばかりでなく、もっと経営に活かす指導をしてほしい」、そんな要望に応える会計・税務そして経営助言を展開しています。お問い合わせは、フルーリダイヤル0120-634-154(ムサシヘイコウヨ)または『お問い合わせ等メール』まで!

 

『正統会計学』第13回は純資産の説明です。

 

ⅩⅢ 純資産

純資産とは「資本」のことです。資本は充実化を図り、その剰余金は貯金(難しい言葉では内部留保って言います)や分配をしなければなりません。
そこでまず、純資産の構造を理解しましょう。

           <純資産の構造>

純資産の構造

少し難しそうな図ですが

①純資産は「株主資本」「評価・換算差額等」および「新株予約」から成り立ちます。
 中小企業においては、基本的に「株主資本」だけです。

②株主資本は「払込資本」「留保利益」および「自己株式」から成り立ちます。
 中小企業においては、「払込資本」と「留保利益」だけです。

③払込資本とは「資本金」のことであり、留保利益とは「繰越利益剰余金」のことです。

 

これらをまとめると、中小企業の純資産とは、下図のように基本的には「資本金」と「繰越利益剰余金」だけになります

中小企業の純資産構造

 難しそうな構造もたいへんシンプルになりました。この構造を理解してください。

 

1 資本の意味と区分

(1) 総資本

①資金調達の源泉を表す「総資本」は「負債」と「純資産」に分けられます。

②負債は自社以外から集めた資本であり「他人資本」と呼びます。

③純資産は「自己資本」のことであり「払込資本」と「留保利益」に分けられます。

④払込資本とは「資本金」であり、企業にとっての元本です。

⑤留保利益とは「繰越利益剰余金」のことであり。企業にとっては、元本を運用して得られた利益です。

 

 これらのことを図示すると、このようになります。

総資本の流れ

(2) 純資産

純資産は ①株主資本 ②評価・換算差額等 新株予約 に大別されます。

①株主資本とは
 株主が払込んだ資本の元本「払込資本」と獲得した利益の蓄積分「留保利益」からなり、
 留保利益である利益剰余金は配当することができます。

②評価・換算差額等とは
 持ち合い株式を時価評価した場合の取得原価との差額です。

③新株予約とは
 将来、株主になる人の払込み額です。

 

 

今回のキーワード

純資産

株主資本

資本金

内部留保、繰越利益剰余金


掲載日:2016年2月17日 |カテゴリー:会計識字率, 経営技術

本店:〒355-0062 東松山市西本宿1968-1
坂戸:〒350-0233 坂戸市南町35-20
0120-634-154
営業時間 8:30~17:30 定休日 土・日・祭日