正統会計学 固定資産と減価償却

[お知らせ]
T&Tマネジメントとむさし税理士法人は、会計を税務ばかりでなくもっと経営に活かせる指導をしてほしい・・、そんな要望に応える会計・税務そして経営助言を展開しています。お問い合わせは、フルーリダイヤル0120-634-154(ムサシヘイコウヨ)または『お問い合わせ等メール』まで!

 

『正統会計学』第11回は固定資産と減価償却の説明です。

 

ⅩⅠ 固定資産と減価償却

1 固定資産の範囲と区分

固定資産は、企業にとって棚卸資産と並ぶ重要な資産です。
その固定資産は会計上、 有形・無形・投資その他 の3つに分類されます。

(1)有形固定資産

有形固定資産とは、企業が1年を超えて活用しようとして保有している資産であり、物理的な形を持った資産です。
有形固定資産の流動(資金)化は、減価償却という手続きによって、費用という形でされて行きます。

①減価償却とは、有形固定資産の価値低下分を、その資産価額から減額して費用計上する手続きのことです。
②減価償却の対象となる資産を「償却資産」といい、対象とならない資産は「非償却資産」といいます。
③償却資産には、建物・構築物・機械装置・車両運搬具・工具器具備品などがあります。
④非償却資産には、土地・美術品などと建設仮勘定があります。
⑤建設仮勘定とは、工事が完成するまでに要したすべての支出額を、一旦プールするための科目です。工事が完成すれば、本来の資産科目(建物や機械装置など)へ振替えます。

(2)無形固定資産

無形固定資産とは、物理的な形を持たない資産であり、借地権・特許権・意匠権・商標権・暖簾などがあります。

(3)投資その他の資産

投資その他の資産とは、長期間保有する有価証券や長期預金・長期貸付金あるいは回収に長期間要する不良債権や長期前払費用などが該当します。

 

2 固定資産に関する会計処理

固定資産に関する会計処理には、取得原価の決定、原価配分、期末評価の3つのポイントがあります。

(1)固定資産の取得原価

①取得原価
固定資産の取得には5つの取得方法が想定され、それぞれ次のような取得原価となります。
1.購入する購入代金には付随費用も加算することを覚えてください。
2.自家建設する製造に係る原価を以って取得原価とします。
3.現物出資する出資者に交付した株式の発行価額を以って取得原価とします。
4.交換する基本的には交換譲渡した資産の簿価を受入資産の取得原価とします。
5.贈与の受入れ  公正な評価額をもって取得原価とします。

②圧縮記帳
圧縮記帳とは、国庫補助金・建設助成金・工事負担金に相当する金額を、取得金額から控除することをいいます。

修繕費
修繕費とは固定資産を修繕することですが、その内容によって2つに分けられます。

1.資本的支出
修繕によって資産価値が上がったり、使用可能年数が延びたりする場合は、その支出額を取得原価に追加しなければなりません。その場合を「資本的支出」といいます。

2.収益的支出
定期的な修理や部品交換など、価値を増加させないような支出あるいは使用年数を延長させない支出は、その期間の費用として計上します。

(2)固定資産の原価配分

固定資産に関する会計処理の第2のポイントは「原価配分」です。つまり、減価償却です。

減価償却の目的と効果

1.減価償却とはすでに説明した通り、取得原価を各期に費用として分配する手続きです。

2.利用可能として推定された年数を「耐用年数」といいます。

3.取得原価から耐用年数に基づく評価額を差引した価額を「残存価額」といいます。

4.製造に関する有形固定資産の減価償却費は、製造経費に計上します。

5.販売及び管理に関する有形固定資産の減価償却費は、販管費に計上します。

②減価償却の方法

1.残存価額
従来は取得原価の10%と規定されていましたが、2007
年4月以降に使用を開始した資産からは、残存価額はゼロとして計算してよいことになっています。覚えておきましょう。

2.定額法
定額法は次の通りに計算します。
定額法による減価償却費=(取得原価-残存価額)÷耐用年数  *現在は残存価格ゼロです。

3.定率法
定率法による減価償却費は次の通りに計算します。
 定率法による減価償却費=(取得価額-減価償却累計額)×償却率

③リース会計

リース物件を利用する権利を固定資産のリース資産として計上し、相手科目は固定負債の長期未払金とします。

 リースで機械装置を取得した場合
  リース資産(有形固定資産)/ 長期未払金(固定負債)

 リース料の支払
  長期未払金(固定負債)  / 普通預金 (当座資産)

(3)固定資産の期末評価

固定資産に関する会計処理の第3のポイントは「期末評価」です。

①期末評価の計算方法

 固定資産期末評価=取得価額-減価償却累計額+資本的支出

②会計処理

1.毎月の減価償却費を減価償却累計額に概算計上します
  減価償却費(製造原価及び販管費)/ 減価償却累計額(有形固定資産)

2.決算時に、毎月概算計上した減価償却費を一旦戻します
  減価償却累計額(有形固定資産) / 減価償却費(製造原価及び販管費)

3.あらためて正確な減価償却費を計上します
  減価償却費(製造原価及び販管費)/ 機械装置など(有形固定資産)

 *つまり、決算時に減価償却費は洗い替えします。

 

 

今回のキーワード

有形固定資産、無形固定資産、投資その他の資産

資本的支出と収益的支出

残存価額ゼロ

定額法と定率法

リース資産、長期未払金

減価償却累計額、洗い替え


掲載日:2016年2月3日 |カテゴリー:会計処理, 会計識字率

本店:〒355-0062 東松山市西本宿1968-1
坂戸:〒350-0233 坂戸市南町35-20
0120-634-154
営業時間 8:30~17:30 定休日 土・日・祭日