正統会計学 財務諸表の体系

[お知らせ]
「今の会計事務所に不満がある」「会計事務所って本来何をしてくれるのか」そんな悩みや疑問にお応えする『無料おためし顧問』をただいま当社とむさし税理士法人は実施しています!

 

『正統会計学』第5回目は財務諸表の体系について説明します。

 

Ⅴ 財務諸表の体系

1.損益法と財産法

(1)損益法
損益法とは、資本を増加させる原因となる「収益」から資本の減少となる「費用」を控除する形で「
利益」を算定する方法です。

(2)財産法
財産法とは、一期間の利益額を純財産の裏づけに伴って計算する方法です。

        これらの関係を図示すると次のようになります。

損益法と財産法の図

*当期で得たP/Lの「利益」が、期首のB/Sの資本に加わり、期末のB/Sではその分だけが資産を増やすことになります。ポイントは期末の資本は「期首の資本+当期利益」であるという構図です。

 

2.財務諸表の体系

(1)利益決定に関する書類
 ①基本財務諸表
 基本財務諸表とは「貸借対照表(B/S)」と「損益計算書(P/L)」のことを指します。
 損益計算書は会社の経営成績を表示し、貸借対照表は会社の財政状態の表示します。

 ②補足情報
 補足情報とは内訳情報等の表示のことを指します。
 具体的には勘定科目の内訳明細書などがあります。

(2)純資産の変動に関する書類
 純資産の変動に関する書類には「
株主資本等変動計算書」があります。

       ここで、これら3つの財務諸表の関係を図解してみましょう。

3つの財務諸表の関係図

*期首B/Sの資本が、株主資本等変動計算書の先頭に来て、それに当期P/Lの当期純利益が加わります。そこから配当金があるのであればそれを控除し、期末の資本となります。
そして期末の資本は期末B/Sの資本と一致することになります。

 

こうやって落ち着いてじっくり見れば、難しいと思っていた「株主資本等変動計算書」も、意外とかんたんなものであることがわかります。

 

 

今回のキーワード

期末の資本=期首の資本+当期の利益ー配当金

貸借対照表

損益計算書

株主資本等変動計算書

3つの財務諸表 ※俗的には、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書を
         財務三表と呼んでいる場合があります。


掲載日:2015年12月23日 |カテゴリー:会計識字率, 経営技術

本店:〒355-0062 東松山市西本宿1968-1
坂戸:〒350-0233 坂戸市南町35-20
0120-634-154
営業時間 8:30~17:30 定休日 土・日・祭日