正統会計学 利益計算

[お知らせ]「今の会計事務所に不満がある」「会計事務所って本来何をしてくれるのか」そんな悩みや疑問にお応えするため、ただいま当社はむさし税理士法人と無料の『おためし顧問』を実施中!

 

『正統会計学』第3回目は利益計算の仕組みを説明します。

 

Ⅲ 利益計算の仕組み

1 企業活動の流れ

(1)企業が営む経済活動

企業が営む経済活動は3分類されます。
それは資金調達活動であり、資金投下活動であり、営業活動です。
その3つの活動は次のような図式になります。

  資金調達活動  →  資金投下活動  →  営業活動
 ・自己資本(資本)  ・資産の購入     ・売上
 
・他人資本(負債)             ・費用(原価と経費)
                       
・利益

(2)経理の流れ

それらに対する経理の流れは次のようになります。

  取引の識別   →仕訳帳の作成   →元帳への転記   →残高試算表の作成
          ・借方/貸方    ・科目単位に集計  ・試算表に組み立て
  →決算整理   →財務諸表(決算書)
  ・外出用の化粧 ・B/S、P/Lの作成

 

 

2 B/S、P/Lが示すこと

(1)貸借対照表(B/S、Balance(残高) Sheet(紙))

B/Sはある時点での会社の財政状況を表しています。具体的には、資金の調達(負債・純資産)とその資金の運用(資産)で財政状況を表しています。

 

(2)貸借対照表等式

貸借対象表等式とは「資産=負債+純資産」のことですが、元は「資産ー負債=純資産」です。つまり、純資産は資産から負債を差引したものであって、よって、必ず「資産=負債+純資産」というバランスが保たれることになります。

これをさらに展開すると次のようになります。
     資産=負債+(資本+利益)
       =負債+資本+(収益-費用)
  資産+費用=負債+資本+収益
    左       右

ここまで展開すると、
なぜ、資産・費用が借方に来るのか、負債・資本・収益が貸方に来るのか、理解できます。

 

(3)損益計算書(P/L、Profit(利益) Loss(損失) statement(書面))

P/Lは自己資本の増減原因を明らかにする企業の経営成績です。
具体的には、営業成績の成果である「収益(売上高等)」から営業活動の努力である「費用(売上原価と販管費等)」を差引し、「利益または損失」を表示します。
この「利益または損失」が自己資本の増減につながります。

 

 

今回のキーワード     

資金調達(負債・純資産)

資金運用(資産)

貸借対照表(財政状況)

貸借対象表等式

損益計算書(営業成績)

 

   


掲載日:2015年12月9日 |カテゴリー:会計識字率

本店:〒355-0062 東松山市西本宿1968-1
坂戸:〒350-0233 坂戸市南町35-20
0120-634-154
営業時間 8:30~17:30 定休日 土・日・祭日