覚えなくても読める決算書②

「財務諸表は難しい」と思われている経営者は多いと思います。

確かに財務諸表である『試算表』や『決算書』には難しい用語が使われてはいます。
しかしそれに惑わされず、要領さえ掴めば簡単なものなのです。

なぜなら、財務諸表を作成するにあたってしていることは、
①いろいろな取引を分類して(仕訳といいます)
②それを足し算・引き算して集計し(残高計算です)
③一定の順番で並べている(流動性の配置といいます)   だけ、なのですから。
それをさも難しそうに、専門的なもののように見せているだけなのです。

そこで、今回から、そんなプロセスで作成された『財務諸表』を、
かんたんに読める方法『覚えなくとも読める財務諸表』をご紹介します。

とはいえ『財務諸表』を読むためには、チョッとした基本的な知識が必要です。
最初はその基本的な知識からご紹介しましょう。

 

第1回 覚えなくとも読める財務諸表 -基本知識-

1.財務諸表の構造

財務諸表は、
『貸借対照表』と呼ばれるB/Sと、『損益計算書』と呼ばれるP/Lから
成り立っています。

 

(1)B/S
①B/Sは『総資産』と『総資本』からなります。
 (手元に財務諸表があれば、確認してみてください)
②『総資本』は、会社で使っているおカネの出所を示しています。
 (買掛金や借入金・資本金などです)
-1.『負債』は借金です。だから「他人資本」ともいいます。
-2.『純資産』は資本金とこれまで事業で貯めてきた利益です。
   だから「自己資本」ともいいます。
③『総資産』は会社の財産、資金の運用を示しています。
(現金、預金、売掛金、機械、建物、土地などです)
-1.『流動資産』は1年以内に現預金になるような財産です。
-2.『固定資産』は機械や自動車、建物や土地、何年間も使う財産です。
   固定資産は売却しないかぎり現預金にはなりません。
④この『総資産』と『総資本』で、B/Sは「会社の財政状況」を表します。
-1.『総資産』は見えているもの、『総資本』はその財源ともいえます。
   同じ建物でも『総資本』でみると、他人資本で建てられた建物か、
   自己資本で建てられた建物かがわかります。
-2.『総資産』と『総資本』は、表舞台と裏舞台みたいな関係ともいえます。
   立派に派手に見える舞台も、裏に回れば、きちんとした整然としている
   舞台裏もあれば、ぐちゃぐちゃになっている雑な舞台裏もあります。

B/Sが読めるようになると、
自社も他社についても、表面的ではなく、裏側からも理解できるようになります。

 

(2)P/L
①P/Lは『収益』と『費用』とその差額の『利益』からなります。
 (かんたんにいえば、売上と費用と儲けです)
②収益とは『売上高』のことです。
 正確にいえば、受取利息や雑収入なども含みますが、それは余裕あれば
 理解してください。
③費用とは『売上原価』『販売費および一般管理費(略:販管費)』と
 『支払利息』に分けられます。
④売上原価とは「商品を仕入れたり作ったりするためにかかった費用」のことです。
⑤販売費および一般管理費とは「商品を販売するためにかかった費用」のことです。
⑥支払利息とは「おカネを調達するためにかかった費用」ですので、
 営業外として区別します。
⑦この『収益』と『費用』で、P/Lは「会社の営業成績」を表します。
-1.売上から売上原価を引いたものが『売上総利益』
-2.売上総利益から販管費を引いたものが『営業利益』
  (販管費のほうが多ければ『営業損失』)
-3.営業利益から営業外損益(利息と金利)を差し引きしたものが
  『経常利益』です。 (赤字であれば『経常損失』)

会社の営業成績はこの「3つの利益」で表わします
『売上総利益』は業種によってハンディキャップ(違い)がありますが、
『営業利益』と『経常利益』は業種によるハンディキャップ(違い)は
ありません。
営業利益と経常利益は、毎年の経営者としての成績・通信簿です。

 

 

この程度を予備知識として理解しておけば、『財務諸表』が読めるようになります。
不思議なことに、一旦、読め出すとさらに深く読めることができます。
従って、この程度から始めましょう。


掲載日:2014年12月24日 |カテゴリー:会計識字率, 経営技術

本店:〒355-0062 東松山市西本宿1968-1
坂戸:〒350-0233 坂戸市南町35-20
0120-634-154
営業時間 8:30~17:30 定休日 土・日・祭日